2020.05.12

新型コロナウイルス 2020年5月11日 世界情勢ダイジェスト

COVID-19

 

COVID-19世界情勢ダイジェスト

 

政府の取り組み

 

チリ

チリ政府、論争の的となっているCOVID-19カードの配布を一時停止  (Anadolu Ajansi)

 

フィンランド

学校が再開:「私たちは正しいことをしていると思っている」  (YLE)

 

フランス

コロナウイルス封鎖から慎重に再開 (Reuters)

 

ハンガリー

労働時間短縮に対する国の支援、新たな対策の概要  (Mondaq)

 

イタリア

政府が囚人の解放規則を強化  (PortoCanal)

 

マリ

政府、門限を解除したと語る  (Africain.info)

 

ロシア

政府、6月1日までに経済回復計画を策定  (PolitExpert)

 

韓国

ナイトクラブでの感染多発により再開を停止  (Stuff.co.nz)

 

スリランカ

政府、明日からすべての公的および民間部門のサービスを再開、ただし首都では夜間外出禁止令が続く (ColomboPage)

 

英国

ボリスジョンソン首相、Covid-19警告システムを発表(BBC)

 

フランスからの乗客は英国の検疫計画を免除 (BBC)

 

政府、AppleとGoogleを利用して2つ目のCOVID-19連絡先追跡アプリを構築  (DigitalStrategyConsulting)

 

ウェールズ政府「イングランドからウェールズまでの車移動やめて」  (BBC)

 

米国

陸軍、COVID-19を検出するウェアラブルセンサーを開発できるテクノロジー企業と提携 (CNN)

 

11人のシークレットサービスエージェントがCOVID-19のテストで陽性(Business Insider)

 

カンザス大学が再開の計画中 (WashingtonTimes)

 

NIAIDは2回目のレムデシベる試験の開始を発表  (Pharmafile)

 

ホワイトハウスはIntelとTSMCと交渉して米国で高度なマイクロチップ工場を構築と報道  (TechCrunch)

 

ベトナム

COVID-19制限緩和の後、幼稚園と小学校を再開  (Channel News Asia)

 

WHO

WHOの最新の状況レポート  (WHO)

 

企業の取り組み

 

Accor

新型コロナウイルス患者を収容するため、フランスで300のホテルを再開  (TrueViralNews)

 

Airbus

COVID-19パンデミック際に、航空会社がワイドボディ航空機を貨物運航に転用するためのソリューションを開発 (TravelDailyNews Asia-Pacific)

 

アサヒビール

ウイルスがビールの需要に打撃を与えるとして、利益予測を撤回 (BloombergQuint)

 

Avianca

米国裁判所で破産を申請 (BBC)

 

BMW

EVに取り組むと同時に、水素燃料電池への投資が急増  (Hydrogen Fuel News)

 

IKEAインドネシア

旗艦店を一時閉鎖  (JakartaPost)

 

Chevron

オーストラリアで600人の雇用を削減  (AustraliaPipeliner)

 

Comcast

すべてのWiFiホットスポットを学生に公開するよう、上院議員から求められる  (Engadget)

 

ドイツ鉄道

連邦政府からの援助として数十億ドルを交渉する(Stuttgarter-Zeitung)

 

Experian

インタラクティブな米国の地図を公開し、COVID-19の影響を最も受けやすい人口を表示  (Business Wire)

 

Ferrari

マラネロとモデナの工場で活動を再開  (MotorCanario.com)

 

GKN PLC

COVID-19危機のコストを削減(Connect East Midlands)

 

Goldman Sachs

同社のアナリストが、ジェット燃料の需要が、コロナウイルス危機の終息後でも完全に回復しない可能性があると警告(CNBC) 

 

Google

「コロナホリデー」を発表、全従業員が5月22日に休暇  (DailyHunt)

 

Incitec Pivot

6億7,500万ドルの資金調達に乗り出す  (IQ.Net.au)

 

インド鉄道

明日から一部で運行を再開  (Hindustan Times)

 

Johnson&Johnson

役員は、来年10億コロナウイルスワクチンを提供することを目指す(The Hill)

 

KLPGAツアー

韓国のKLPGAツアーが今週再開  (Chosun.com)

 

大韓航空

6月に一部の国際サービスを再開  (Simple Flying)

 

LafargeHolcim

San Miguelとの契約の崩壊後もフィリピン事業を継続  (Reuters)

 

マツダ

国内銀行から3000億円の融資を求める (JapanTimes)

 

POSCO

12年ぶりに生産を削減することを決定  (BusinessKorea)

 

PSAグループ・Renault

助成金を受け取るためには、生産拠点を本国に戻さなければならない、とフランス財務大臣(Automotive News Europe)

 

Quantas航空

COVID-19による低迷の中、Boeing、Airbus機の納入を一時停止  (WA Today)

 

Renault

工場閉鎖に対しMuriel Pénicaud氏は、CGT(労働総同盟)が「雇用に反対している」に「ショックを受けた」と語った (LCI.fr)

 

SABC

政府から2度目の救済策を要求していることを否定  (IOL NEWS)

 

Saudi Aramco

SABIC社との取引の価格を見直すことを求めている (ロイター)

 

StarBucks

今週英国支店150店を再開  (Mirror.co.uk)

 

Tesla

Elon Musk氏が工場のロックダウンに移行すると誓約  (Yahoo! News)

 

Thyssenkrupp

同社の再構築は、COVID-19のために迅速に行われる必要がある:CEO  (Reuters)

 

WestJet

7月4日までフライトのキャンセルを延長  (Journal de Montreal)

 

第二波のリスクと緩和

 

オーストラリア

第二波の回避  (ABC Online)

 

第二波が発生した場合に備えて、ブリスベンの企業がCOVID-19用の移動可能な部屋を構築  (Brisbane Times)

 

ドイツと韓国におけるコロナウイルス感染症の第二波を戒めに  (SBS News)

 

中国

武漢で記録された新しい事例に続く、第二波の恐怖 (Perth Now)

 

専門家:武漢で再発が散在することはほとんどなく、第二波の兆候ではない  (Global Times)

 

ヨーロッパ

ウイルスの第二波が懸念されるにもかかわらず、再開の準備 (AFP)

 

ドイツ

コロナウイルス感染の第二波に対する恐怖  (The Guardian)

 

イスラエル

第二波に備えるには、専門家の固定チームが必要  (Haaretz.com)

 

イタリア

大学教授:「第二波は海外から来る」  (Virgilio)

 

メキシコ

インフルエンザとコロナウイルスの組み合わせ、第二波の危険なシナリオ  (Infobae)

 

フィリピン

パンデミックの中、米の輸入を増やして備蓄を後押し  (MarketScreener.com)

 

第二波は不注意な廃棄物処理から急増する可能性  (Senate of the Philippines)

 

韓国

サプライチェーンを変化させる、より激しい貿易の痛みを警戒  (Bloomberg)

 

「スーパースプレッダー」が第二波の恐怖を引き起こす  (Cairns Post)

 

スウェーデン

論争の的となった同国の戦略の意味は、より小さな「第二の波」  (Straits Times)

 

英国

NHSがサプライチェーンの技術革命を叫んでいる  (BusinessCloud.co.uk)

 

第二波のリスクが高すぎてロックダウンを解除できない。QUBの専門家が警告  (Belfast Telegraph)

 

米国

アメリカの再開は時期尚早か? (Forbes.com)

 

今冬の第二波への準備(Worldcrunch)

 

パンデミック経済の再開に伴い、訴訟は企業にとって次の戦場となる可能性  (Bangor Daily News)

 

ロックダウン緩和は第二波の恐怖を見えにくくする  (Investing.com)

 

経済の再開が早すぎることの危険性  (Clean Technica)

 

世界

感染の新しい波への不安を受け、金が1,700ドルを上回る (This Is Money)

 

COVID-19の時代のサプライチェーン。最初のトレンドが浮上  (Trans.Info)

 

サプライチェーンばかりを責めるべきではない (Straits Times)

 

薬、治療、ワクチン

 

研究:アボット抗体テストが精度100%を主張

Journal of Clinical Microbiologyに掲載された新しい研究で、アボットのラボベースの血清学血液検査は、発症から17日以上経過した患者のIgG抗体検出において特異度99.9%、精度100%を示した。

 

フォーサイス医療センターの臨床試験が次の段階に

フォーサイス医療センターを含むNovant Health Inc.の2つの病院での臨床試験は、COVID-19患者を治癒する可能性のある薬物療法を含む、極めて重要な段階に進んでいる。

 

日本の首相:7月にワクチンの臨床試験

安倍晋三は月曜日、COVID-19ワクチン開発計画における臨床試験が、7月に開始される可能性があることを明らかにした。

 

中国企業、第2相臨床試験後にワクチンの安全性を検証

Sinovac Biotechは、フェーズ2の臨床試験後に、ワクチン候補の安全性を検証したと報告した。アカゲザルにおいてワクチン候補が、SARS-CoV-2株に対する安全かつ完全な効果を示した。

 

研究:母乳中の抗体が幼児を保護する可能性

この研究はまだ査読されていないが、血液から得られる人乳には一部の割合で抗体があり、母乳にはCovid-19を治療する抗体が含まれる可能性が高い、という仮説に基づき計画された。

 

ニューヨーク市長:市が子供の抗体検査を実施予定

ニューヨーク市は、新しいコロナウイルスに関連する謎の病気を発症した、少なくとも38人の子供たちの抗体試験を開始する。多系統「炎症性症候群」と呼ばれるこの病気により、州内の3人の子供が死亡している。

 

三種併用療法が重症度の低い患者への効果を期待

The Lancetで発表された研究データは、COVID-19の軽度から中程度の症状の患者治療において、インターフェロンベータ1b、ロピナビルリトナビル、リバビリンの3種類の抗ウイルス療法が安全かつ効果的である可能性を示唆している。

 

社会的および経済的影響

 

英、警察が都市封鎖に対するデモを解散

警官が首都ロンドンのウェストミンスター橋の近くで、40~50人の集団を解散させているところが撮影された。一部の抗議者は、陰謀論者によってパンデミックと関係があるとされている、5Gに言及していたという。

 

メルボルン、コロナウイルス関連デモで暴力

メルボルンの国会議事堂は日曜日、予防接種と5Gネットワークに反対する人々で埋め尽くされた。何百人もの人々が、コロナウイルスが陰謀であることを主張し、ビル・ゲイツの逮捕やロックダウン規制の撤廃を訴えた。

 

世界中の肉処理場が感染に苦しむ

食肉処理場での集団感染が世界中の多くの国で発生しており、その進展は食品供給システムに長期的な影響を与える可能性がある。米国が最も大きな打撃を受けたが、高度に統合された肉のサプライチェーンを持つ他の国々(アイルランド、スペイン、オーストラリア、ドイツ、ブラジル、カナダ、イギリス)も苦戦しているようだ。

 

ヒースロー、フライトを増やす計画を要求

英国最大のヒースロー空港は声明のなかで、提案された隔離計画は事実上英国の国境を閉鎖することになると述べた。4月の累計乗客数は20万人で、これは通常時の1日の乗客数に相当するが、今回の隔離計画により、さらなる乗客数の減少が見込まれる。

 

英国、連絡先追跡アプリを置き換える可能性

NHSは、プライバシー運動家とテクノロジー専門家が最初のアプリについての懸念を表明したことから、次の連絡先追跡アプリの開発を開始した。この2つ目のアプリは、GoogleとAppleが提供するテクノロジーを使用し、並行して開発されている。

 

韓国でCOVID-19の新たな症例が発生、反ゲイの懸念

韓国の保健当局は、ソウルの一部のナイトクラブを中心に、小規模ながらも増加しているコロナウイルスの集団発生を調査している。一部地元メディアが当該ナイトクラブを「ゲイクラブ」として識別したことにより、メディアの意向に関わらず、LGBTQの人々に対する差別につながる批判に火をつけることとなった。

 

ギリシャ、移民キャンプの封鎖を延長

ギリシャ当局は、3月から移民・難民キャンプに課していたコロナウイルス拡大予防措置としての封鎖を、5月21日まで延長すると発表した。延長の理由は示されていない。

 

米特別養護施設、パンデミックによる死亡率で大きな比率を占める

カイザー財団によると、非公開で集計されたデータは、現在14の州において養護施設での死亡者数が全死亡者数の半分以上を占めていることを示しているという。養護施設での死亡を報告しているのは33州のみである。

 

サウジアラビアがVATを3倍に

サウジアラビアの報道機関は、7月1日の時点でVATが5%から15%に増加する一方、生活費の手当は6月1日から停止されると語った。パンデミックの影響により世界のエネルギー価格が下落したため、国は所得の急落に悩まされている。

 

韓国、パンデミック後の「ニューディール」で技術を推進

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、コロナウイルス後の世界経済の主導権を握るため、韓国の野心的なビジョンを提示した。政府は、韓国を世界をリードする「デジタル大国」にするため、革新的なビジネスベンチャーや新興企業を主な原動力として努力していく予定。

 

イエメンの移民、COVID-19で差別に直面

移住者は汚名を着せられ、肉体的・言語的な嫌がらせ、強制的な隔離、医療サービスへのアクセスの拒否、移動制限、前線や砂漠地帯への強制移動に直面し、食料や水、必要不可欠なサービスを得られずに足止めを食らっている。

 

地政学的影響

 

WHOがDer Spiegelの主張について声明を発表

WHOは、中国がCOVID-19の発生に関する地球規模の警告を遅らせるよう、WHOに「要請」したというDer Spiegelの主張を否定した。声明の中でWHOは、この主張を「根拠がなく事実でもない」とし、「テドロス博士と習国家主席は1月21日に発言せず、電話での発言もなかった」と述べている。

 

中国は米国の政治家による「24の嘘」に対して反駁

土曜日に中国外務省のウェブサイトに掲載された11,000語の記事は、米国の政治家およびメディアが「Covid-19に対する彼らの不十分な対応への非難を中国に逸らすために」作成したとする、24の「途方もない主張と嘘」について、1つずつ反論した。 

 

英国はCOVID-19の検体を米国の研究所に送付

英国では「運用上の問題」のため、約50,000のコロナウイルスの検体を米国に送付する必要があったことが明らかになった。英国政府は、1日あたり100,000件という検査目標を、7日連続で達成できなかった。

 

オーストラリア、コロナウイルスの発生源に関するEUの調査を支持

連邦保健大臣のグレッグ・ハントは、中国におけるCOVID-19発生源に関する独立した調査に向けた欧州連合の動きを、モリソン政権は支持すると述べている。

 

新しい中国の関税が調査と紐づいているならば、オーストラリア首相は「失望」

スコット・モリソン氏は、オーストラリアの大麦輸入に関税を課すという中国の計画が、コロナウイルスのパンデミック調査に関するより広範な外交論争に結びつけられれば、彼は「非常に失望する」だろうと語る。中国の商務省は、業界が国内よりも低価格で製品を「ダンピング」しているとの主張に対して18か月間調査した後、関税を課すことを提案している。

 

サイバーセキュリティへの影響

 

COVID-19をテーマにしたマルスパムキャンペーンが広範囲に観測される

研究者たちは、新型コロナウイルスをテーマにしたマルスパムメールを介してユーザーに送信される、さまざまな種類のマルウェアについて詳しく説明している。彼らはまた、COVID-19という表記を持つ、新しく登録されたドメインの急増を観察した。39,000件を超えるドメインがそのようなテーマを使用している。 

 

ビジネスメール詐欺攻撃、新型コロナウイルスのテーマを使用して会社情報を入手

研究者は、新型コロナウイルスのテーマを利用する複数のビジネスメール詐欺を特定した。例としては、給与計算の更新情報を要求する攻撃者や、コロナウイルスによる支払いの受け取り方法を変更したことを示す攻撃者が含まれる。  

 

コロナウイルスワクチンの研究に関与する米国企業がイランのハッカーの標的に

研究者は、Gilead Sciences社が最近イランと関連があるハッカーによる攻撃の標的にされたと述べた。攻撃の1つは、偽の電子メールログインページを同社幹部に送信することだった。イランは攻撃への関与を否定し、同社もこの件についてコメントすることを拒否した。

 

米国、ワクチンのデータを取得するためにサイバー攻撃を行ったとして、中国を非難する声明を発表する予定

FBIとDHSは、コロナウイルスワクチンや治療法の開発を含む米国の研究を盗むことを目的とした、中国の国営ハッカーによるサイバー攻撃の未遂について、警告を発することを計画していると報じられた。 

 

SilverTerrier Group、コロナウイルスのテーマをビジネスメール詐欺攻撃に組み込む

Palo Alto Networks Unit 42の研究者たちは、SilverTerrierとして追跡されているナイジェリアのビジネスメール詐欺ギャングが、コロナウイルスをテーマにした一連のキャンペーンに従事していると報告した。

 

Aarogya Setuアプリにプライバシー問題があると研究者が主張

インドのコロナウイルス追跡アプリAarogya Setuを使用したユーザーが、他人の健康状態データを確認できてしまうと言われている。

 

隔離された個人のデータが、マディヤプラデーシュ州政府のダッシュボードを介して公開

インド、マディヤプラデーシュ州政府のコロナウイルスWebポータルは、隔離された個人の情報を公開しているとされている。漏洩した情報には、氏名、デバイスIDの名前と番号、所在地などが含まれている。

 

 

 


本レポートの情報源について

本レポートは、OSINT特化型インテリジェンス(情報)収集・分析ツール「Silobreaker」が収集したオープンソースの情報を元に作成しています。レポート内のリンクに関しては、翻訳元の記事をご参考ください。

 

翻訳元:Silobreaker Societal & Economic Impact

https://www.silobreaker.com/covid-19-threat-digest-42-11-may-2020/


Silobreakerについて

Silobreakerは、日々ウェブに更新されていく大量の情報を読み解くことを求められる意思決定者やインテリジェンスの専門家を支援する強力なツールです。
企業、業界、脅威、情報漏洩、攻撃者、脆弱性、地政学的動向等、いまウェブ上で語られているあらゆる事故や事象などのトピックをSilobreakerは可視化します。
可視化により、必要な情報を即座に発見し分析することが出来るようになるため、文脈上の関連性の検証や解釈が省力化され、意志決定速度や生産性を向上させることができます。

 

CONTACT

お問い合わせ

サイバーインテリジェンスに関する詳細等、
お気軽に お問い合わせください。