2020.05.22

新型コロナウイルス 2020年5月21日 世界情勢ダイジェスト

COVID-19

 

COVID-19世界情勢ダイジェスト

 

政府の動向

 

ブラジル

政府、軽症例でのクロロキン投与を承認  (Porto Canal)

 

カナダ

政府、AbCelleraのCovid-19対応に1億7,560万ドルを投資 (Pharmaceutical Technology)

 

キプロス

6月9日に空港を再開  (Greekcity)

 

デンマーク

政府、6月までの再開に向け政治家が結集  (ブルームバーグ)

 

オランダ

政府、通信ネットワークのデータを利用するための緊急法に取り組む  (Telecompaper)

 

インド

国内線が5月25日から再開  (Mumbai Mirror)

 

イタリア

政府、6月3日に空港を再開 (Gazzetta del Sud) (Brussels Times)

 

日本

大阪とその近郊の緊急事態宣言を緩和:安倍首相  (毎日JP)

 

モルディブ

7月に国際便を再開  (Raajje.mv)

 

ロシア

政府はロシア・プレミアリーグ再開を承認 (Gazeta.ru) 

 

セントルシア

6月4日の再開計画を発表  (Global Traveler Magazine)

 

シンガポール

サーキットブレーカー(封鎖措置)が緩和されても、休日は家にいるよう国内の労働者に指示  (South China Morning Post)

 

南アフリカ

政府、ジェンダー暴力と戦うための16億ランドの緊急プランに関するレポートを発表  (AllAfrica.com)

 

スペイン

政府は論争の的になっている教育法をパンデミック中に承認したい考え (ACI Prensa)

 

スウェーデン

5月13日から20日までの7日間の平均に基づくと、コロナウイルスによる1人あたりの死亡率が最も高い  (Telegraph.co.uk)

 

政府、COVID-19に対するワクチン戦略を開始  (SVT Nyheter)

 

ウクライナ

政府、6月22日まで適応型のロックダウンを導入  (MENAFN)

 

英国

政府、国のパンデミックへの対応が科学的証拠に支持されている述べる  (GOV.UK)

 

政府はCOVID-19アプリの技術についてAppleとGoogleと交渉中  (ロイター)

 

政府、サイバーセンター(NCSC)の警告に反対  (Insurance Business UK)

 

労働党主導の地方議会が6月1日の再開計画に反抗し、政府は学校を閉鎖したままにする可能性が高い  (Sott.net)

 

米国

CDCが州の再開を支援するリソースを発表  (CDC Online Newsroom)

 

NIHは、COVID-19ワクチン研究のためにAdjuvance Technologiesへ資金提供 (M2Pharma.com)

 

上院、一部の中国企業を上場廃止とする法案を可決  (BBC News)

 

WHO

WHOの最新の状況レポート  (WHO)

 

企業の動向

 

Apple、Google

コロナウイルスの接触追跡ソフトウェアをリリース  (Mail Online UK)

 

アストラゼネカ

オックスフォード大学が開発を進めるコロナウイルスワクチンを製造するため、米国から10億ドルを取得  (Straits Times)

 

Atea Pharma

2億1500万ドルのシリーズDを調達した後、COVID-19に対する第II相試験を開始  (BioSpace)

 

Aviva

1億6千万ポンドのウイルス請求を支払う  (Yorkshire Post)

 

百度(バイドゥ)

パンデミックの際に収集された個人データに対する中国政府の調整されたアプローチを求めている  (South China Morning Post)

 

EasyJet

6月15日からフライトを再開  (This Is Money)

 

Eximbank

7億豪ドル相当の「カンガルー債」を発行する (Korea Times)

 

ゴールドマン・サックス

厳格な職員チェックで 8つのヨーロッパ事務所を再開 (Bloomberg Law)

 

ハーレーダビッドソン

今週、ゆっくりと施設の製造を再開  (Business Journal of Milwaukee)

 

International Paper

200万枚の段ボール箱をフードバンクに寄付  (Pulp&Paper Canada)

 

ラタム航空

6月から徐々に営業を再開  La Tercera

 

ルフトハンザ

100億ドル規模の国家救援契約を締結  (Reuter: Business News)

 

マッコーリー銀行

劣後債で500百万ドルを調達  (ロイター)

 

M&S

利益のスライドとしてすべてのオペレーションをレビュー(IrishExaminer.com)

 

MGM

メモリアルデーに米国の施設を再開 (トラベルパルス)

 

マスターカード

コロナウイルスワクチンなしではスタッフをオフィスに送り返さないと、エグゼクティブは言う  (ロイター)

 

モトローラソリューションズ

V300ボディ装着カメラを提供し、COVID-19対応をサポート  (Business Wire)

 

Naspers Foundry South Africa

アグリテックビジネスAerobotics に1億ランドを投資 (IOL)

 

パナソニック

COVID-19の研究開発・ワクチン開発に2億円を約束  (AniNews)

 

ターキッシュエアラインズ

6月10日からフライトを再開  (ABC.az)

 

ユナイテッド航空

機内の衛生状態を向上させるためにCloroxと提携  (Simple Flying)

 

Wagamama

6月末までにさらに67店のレストランを開店  (London Evening Standard)

 

ホイットブレッド

利益が低下した際にCOVID-19危機を乗り切るために12億ドルを調達  (Nasdaq)

 

第二波のリスクと緩和

 

カナダ

BCのトップドクターであるボニーヘンリーは、COVID-19の第二波は避けられないが、現在の経験は対応に役立つと述べた (CBC)

 

中国

北東クラスターのコロナウイルスは異なる振る舞いをする、と専門家  (Yahoo! News)

 

EU

コロナ対策当局:第二波の時期と規模は不明  (Baltic News Network)

 

ヨーロッパ

海外旅行再開により全体がリスクに  (Huffington Post Australia)

 

フランス

第二波の兆候はないが、当局はウイルスが依然として活動的で循環していることを確認  (Le Monde.fr)(Talking Points Memo)

 

アイルランド

Covid-19第二波が発生した場合、制御準備ができている  (JOE.ie)

 

メキシコ

Covid-19の死亡者数が、経済再開に伴い記録的上昇  (ブルームバーグ-クイント)

 

フィリピン

医療従事者用のPPE備蓄が600,000に– ガルベス氏  (Business Mirror)

 

英国

テストと追跡を開始しないと第二波の危険、NHSリーダーが警告  (The Guardian)

 

プレストウィック空港に5千万個目のPPEマスクを空輸(The Scotsman) 

 

米国

フォードは従業員がCovid-19検査で陽性を示したため、2つの工場で生産停止 (CNN)

 

世界

EU保健局長が第二波を警告、全世界症例は約500万に  (The Guardian)

 

薬、治療、ワクチン

 

研究:CBDがSARS-CoV-2のヒト細胞への付着を防ぐ可能性

カナダの研究は、CBDがSARS-CoV-2のヒト細胞と結合する能力を阻害することにより、COVID-19の治療に新たな道を開くと主張している。

 

ブラジル政府、軽症例におけるクロロキン投与を承認

ブラジルの保健省は20日、公衆衛生システムにおいてCovid-19の軽症例の治療に対してもクロロキンの投与を許可するプロトコルをリリースした。

 

ヒト臨床試験が、マウスで実施されたコロナウイルス抗体試験の成功を受けて開始

北京大学のBiomedical Pioneering Innovation Centre(BIOPIC)は、中和抗体のヒト臨床試験を最初に開始した事例の1つになり、医薬品は年末までに準備ができると考えている。

 

ハーバード大学でのサルの試験が有望なワクチンの結果を示す

研究者たちは、コロナウイルスのタンパク質の1つからDNAを取り、それをプラスミドDNAワクチンに挿入した。ウイルスに晒されたサルのうち8匹は検出可能な痕跡がなく、残りは非常に低レベルだった。

 

NHSスタッフがヒドロキシクロロキン試験に参加

全員がCovid-19患者と接触しているブライトンとオックスフォードの医療従事者は、薬剤の効果を検証するためのグローバルな試験に参加する。

 

研究:重症患者における仮定的な侵襲性肺アスペルギルス症(IPA)の有病率

インフルエンザ患者で報告されているものと並行して、COVID-19の重症患者のIPAリスクを調査するために、この前向きな観察研究を設計した。 

 

スウェーデン政府のワクチン戦略が明らかに

政府は20日、3つのワクチン戦略を提示した。とりわけ、スウェーデンがEUとWHO内で協力し続け、将来のワクチンが国々の間で共同で配布されることを確実にすることが含まれる。

 

社会的および経済的影響

 

世界では、ウイルス症例の1日あたりの増加が最多に

WHOによると、過去24時間に106,000件の新たな症例が報告された。Tedros Adhanom Ghebreyesus事務局長は、低所得国および中所得国での感染症の増加について特に懸念を表明している。

 

Covid-19からのNI復旧のための「大きな課題」

アーヴィン・フォスター氏は、将来的に北アイルランド(NI)の経済に「大きな課題」が生じると警告している。大臣はNIの最近の失業率を引用し、それは4月にほぼ90%増加した。

 

NHSの指導者は警告と追跡で時間切れになると警告する

NHSの指導者たちは、第二波が発生する可能性を回避するための追跡および追跡戦略を完成させるための時間がなくなりつつあると語った。NHS連盟は、適切なシステムが迅速に確立されなかった場合、スタッフと患者に「深刻な」結果をもたらすことを警告した。

 

抗議者たちはホワイトハウスの外でCovid-19の葬列を上演

何十台もの車がホワイトハウス近くの警戒している通りに並び、抗議者たちは公園に遺体袋を並べた。一部の抗議者たちは、トランプ大統領を批判するサインを掲げ、そこには「大統領1人で掘ることができる墓はいくつあるか」というサインが含まれていた。

 

黒人のアメリカ人がCovid-19で死亡する確率は白人の3倍

国全体で、アフリカ系アメリカ人は10万人あたり50.3人の割合で死亡した。これに対し、白人は20.7人、ラテン系アメリカ人は22.9人、アジア系アメリカ人は22.7人である。20,000人以上のアフリカ系アメリカ人(米国の全黒人人口の約2,000人に1人)がこの病気で亡くなった。

 

アンチロックダウン抗議は世界的な現象

ミシガン州、オハイオ州、ケンタッキー州、ミネソタ州、ノースカロライナ州、ユタ州などで起こったロックダウン防止抗議活動は確かに、明らかにアメリカの奇癖であるが、アメリカに独特のものではない。同様の抗議行動は、世界中のあなたが目にするあらゆる場所で起こり始めている。

 

ロシアの医療従事者の死亡数は、症例数が同等の国よりも16倍

新しい報告によると、少なくとも186人の医療従事者がロシアのCOVID-19で死亡し、公式の数値が正確であれば、それに比例して世界で最悪の医療分野の1つとなっている。Mediazonaによると、これは同等の数のCOVID-19症例を抱える6カ国よりも16倍悪いようだ。

 

武漢、野生動物の摂取を正式に禁止

この街の地方行政当局は水曜日、この消費禁止措置と同時に武漢は「野生生物保護区」になり、「科学的研究、個体数の規制、疫病の監視、その他特殊事情」のための例外的措置を除いて、実質的にすべての野生動物の狩猟が禁止されると述べた。

 

コロナウイルス規制がすべての州で緩和

コネチカット州が20日、一部の企業に営業を許可する決定を下した。これですべての米国の州が、SARS-CoV-2コロナウイルスの流行の中で再開に向けた一定の段階に入るだろう。

 

ヨーロッパ、コロナウイルス後の夏の観光のために再開を約束

欧州連合は先週、域内の国境を再開し、ホスピタリティ部門を安全に活性化し、パンデミック中に首を締められてきた鉄道、道路、航空、および海の接続を復活させるための行動計画を発表した。

 

地政学的影響

 

北朝鮮:警告を無視してWHOを非難する国は無責任

WHO加盟国は 「この大災害を不純な政治的目的のために利用しようとしている」国に対して 「警戒」すべきだと、北朝鮮の代表団が議会中の声明で述べた。同代表団は国名には言及しなかったが、もし適切な措置を取らずにWHOの警告を無視するのなら、そうした国がアウトブレイクをWHOや加盟国の1つのせいにするのは「無責任の表れ」だと述べた。

 

CDC当局者、ホワイトハウスのコロナウイルス対応の遅れにより「命とお金」が失われたと語る

CDCの関係者は、「コロナウイルスのパンデミックに対処するための当局の計画は、科学よりも政治を優先するホワイトハウスによって不具にされた」とCNNに語った。「私たちはつぶされている 」と、現在のCDC関係者はネットワークに語った。「我々の知識に基づいて、我々の推奨する方法でもっと早くに行動していれば、より多くの命とお金が守られたはずだ」。

 

サイバーセキュリティへの影響

 

連邦取引委員会がコンタクト・トレーシングに関わるテキストメッセージ詐欺を警告

米国連邦取引委員会(FTC)は、COVID-19で陽性と診断された個人と接触していることをユーザーに通知するスパムテキストメッセージについて警告した。メッセージにはリンクが含まれ、そこにより多くの情報があると見せかけている。FTCによると、保健局はユーザーに今後の電話を通知するテキストメッセージのみを送信するといい、そのようなメッセージにはリンクが含まれていないと述べた。

 

攻撃者はベンダーのなりすまし攻撃でコロナウイルスのテーマを使用

研究者は、15,000〜50,000のメールボックスを標的とし、給与計算スタッフに攻撃者へ送金させるよう試みる電子メールキャンペーンについて報告した。

脅威アクターは、有名なベンダーの職位が高い経理社員を装い、延滞した請求書があると述べる。攻撃者は、コロナウイルスのパンデミックを理由に更新されたと主張する新しい支払いの詳細を標的に提供する。

 

FBIがコロナウイルスの詐欺スキームの増加を警告

連邦捜査局は、脅威アクターがコロナウイルスの流行を利用してさまざまな悪意のある活動を実行していると警告している。これには、慈善を装ってマルウェアを配布する個人情報のフィッシング、偽造機器や偽治療の販売が含まれる。

 

 

 

 


本レポートの情報源について

本レポートは、OSINT特化型インテリジェンス(情報)収集・分析ツール「Silobreaker」が収集したオープンソースの情報を元に作成しています。レポート内のリンクに関しては、翻訳元の記事をご参考ください。

 

翻訳元:Silobreaker Societal & Economic Impact

https://www.silobreaker.com/covid-19-threat-digest-50-21-may-2020/


Silobreakerについて

Silobreakerは、日々ウェブに更新されていく大量の情報を読み解くことを求められる意思決定者やインテリジェンスの専門家を支援する強力なツールです。
企業、業界、脅威、情報漏洩、攻撃者、脆弱性、地政学的動向等、いまウェブ上で語られているあらゆる事故や事象などのトピックをSilobreakerは可視化します。
可視化により、必要な情報を即座に発見し分析することが出来るようになるため、文脈上の関連性の検証や解釈が省力化され、意志決定速度や生産性を向上させることができます。

 

CONTACT

お問い合わせ

サイバーインテリジェンスに関する詳細等、
お気軽に お問い合わせください。