2020.08.28

サイバーアラート – 2020年8月27日

cyber-alert

サイバーアラートについて

Silobreakerのデイリーサイバーアラートは、受賞歴のあるインテリジェンス製品であるSilobreaker Onlineを使用して自動的に作成および配布されます。

 

マルウェア・脅威アクタートレンド

表の見方(訳者注)

「Name」:マルウェアおよび脅威アクターの名称

「Heat 1」:過去24時間のニュースにおける注目度(*)を4段階で示します。

「Heat 7」:過去1週間のニュースにおける注目度(*)を4段階で示します。

*過去30日間の平均と比較して高ければ赤が増え、低ければ青が増えます。

「Vol 1」:過去24時間に出された記事の中で、言及された回数を示します。

「Vol 7」:過去1週間に出された記事の中で、言及された回数を示します。

 

データ侵害

 

開発者の過失が原因でGitHub上に医療データが漏洩

InfoSecHotSpot – Twitter – 2020年8月26日21:58

開発者の過失により、MicrosoftやGoogleの生産性アプリに保存された15万~20万件の患者の医療記録がGitHub上に流出したことが、先日判明した。

YouTube、TikTok、Instagramのプロファイル約2億3,500万件が、保護されていないデータベースによりオンライン上に流出

Secnewsbytes – Twitter – 2020年8月26日07:16

 

ハッカー集団

 

FANCY BEAR(APT28)とは何者か?

Vyagers – RSS – 2020年8月26日11:10

「FANCY BEAR」(別名「APT28」または「Sofacy」)は国家が支援するグループで、少なくとも2008年から活動しており、世界中の様々な組織に対する持続的な脅威となっている。同グループは、航空宇宙、防衛、エネルギー、政府、メディア、反体制派を標的とし、洗練されたクロス・プラットフォームのインプラントを使用している。

Transparent Tribeグループ、別名PROJECTM、またはMYTHIC LEOPARDの詳細分析

セキュアリスト– Twitter – 2020年8月26日12:00

筆者は、Transparent Tribeがモバイル端末のスパイ行為に使用していた新しいAndroidインプラントを発見した。これは、ポルノ関連のアプリと国のCOVID-19接触追跡アプリを装い、インドで配布された。また、ObliqueRATとTransparent Tribeの関連性を確認する新たな証拠が発見された。

Lazarus APTは、LinkedInルアーを使用して暗号通貨関連組織を標的に

Vyagers – RSS – 2020年8月26日10:39

北朝鮮との関係があるLazarus APTグループは、現在進行中のスピアフィッシング・キャンペーンにおいて偽の求人情報を利用することで暗号通貨関連組織を狙っている。

Lazarusグループは、スピアフィッシングを使用して暗号通貨を盗難

GovInfoSecurity.com – 2020年8月26日20:10

セキュリティ会社F-Secureによると、北朝鮮政府とつながりのある Lazarusグループは最近、マルウェアに感染させ暗号通貨を盗むため、暗号通貨取引所の従業員を偽の求人情報を用いて狙ったという。

 

マルウェア

 

SunCryptランサムウェアからMazeランサムウェア・カルテルの実態を紐解く

BleepinComputer – Twitter – 2020年8月26日16:18

DataBreaches.net – 2020年8月26日17:02

BleepinComputer – Twitter – 2020年8月26日16:18

「SunCrypt」というランサムウェアが「Mazeカルテル」に参加している。これらのグループがどのように連携しているか、そのメンバーシップから知ることができる。

Ryukの後継であるContiが、データリークサイトをリリース

virusbtn – Twitter – 2020年8月26日19:03

悪名高いRyukの後継者であるContiランサムウェアは、被害者に身代金の支払いを強要する恐喝戦略の一環として、データリークサイトを公開した。

 

脆弱性

 

CVE-2020-3440:Cisco Webex Meetings Desktop App for Windowsに脆弱性

CVEnew – Twitter – 2020年8月26日17:45

Cisco Webex Meetings Desktop App for Windowsの脆弱性により、認証されていないリモートの攻撃者がエンドユーザーシステム上の任意のファイルを上書きする可能性がある。

CVE-2020-3484:Cisco Vision Dynamic Signage Directorの脆弱性

CVEnew – Twitter – 2020年8月26日17:45

Cisco Vision Dynamic Signage Directorの、Webベースの管理インターフェイスの脆弱性により、認証されていないリモートの攻撃者が、影響を受けるデバイスの潜在的な機密情報を表示する可能性がある。

CVE-2020-3152:Cisco Connected Mobile Experiences(CMX)の脆弱性

CVEnew – Twitter – 2020年8月26日17:45

Cisco Connected Mobile Experiences(CMX)の脆弱性により、管理資格情報を持つ認証されたローカルの攻撃者が、root権限で任意のコマンドを実行する可能性がある。

ハッカーが最近のサイバースパイ攻撃でAutodeskの欠陥を悪用

Threatpost.com – 2020年8月26日16:09

人気の高いソフトウェア「Autodesk」が、国際的な建築会社に対する最近のサイバースパイ活動で悪用された。

 

進行中のキャンペーン

 

ボット攻撃がますます多くの企業を狙う。安全を保つには

Heimdal Securityブログ– 2020年8月26日14:01

「ボット攻撃とは?」「どのように機能するのか?」「ボット攻撃は簡単に検出できるのか?」本記事ではこうした質問に答え、ボット攻撃からWebサイトを保護する方法を紹介する。

 

 


ここに掲載されている内容は、信頼できる情報源に基づいて作成されていますが、その正確性、完全性、網羅性、品質を保証するものではなく、Silobreakerはそのような内容について一切の責任を負いません。読者の皆様におかれましては、ここに掲載されている内容をどのように評価するかは、ご自身で判断していただく必要があります。


本レポートの情報源について

本レポートは、OSINT特化型インテリジェンス(情報)収集・分析ツール「Silobreaker」が収集したオープンソースの情報を元に作成しています。レポート内のリンクに関しては、翻訳元の記事をご参考ください。

翻訳元 : Cyber Alert –27 August 2020

https://www.silobreaker.com/silobreaker-cyber-alert-27-august-2020/


SILOBREAKERについて

Silobreakerは、日々ウェブに更新されていく大量の情報を読み解くことを求められる意思決定者やインテリジェンスの専門家を支援する強力なツールです。
企業、業界、脅威、情報漏洩、攻撃者、脆弱性、地政学的動向等、いまウェブ上で語られているあらゆる事故や事象などのトピックをSilobreakerは可視化します。
可視化により、必要な情報を即座に発見し分析することが出来るようになるため、文脈上の関連性の検証や解釈が省力化され、意志決定速度や生産性を向上させることができます。

CONTACT

お問い合わせ

サイバーインテリジェンスに関する詳細等、
お気軽に お問い合わせください。