2020.04.15

新型コロナウイルス 2020年4月14日 世界情勢ダイジェスト

COVID-19

 

政府の取り組み

 

アルゼンチン

Covid-19患者のために、2,452床の医療センターをテクノポリスに開設。 (テラム)

 

オーストラリア

政府が個人用保護具の値上げと搾取的輸出を禁止。 (The National Law Review)

 

ドイツ

ドイツは、コロナウイルスへの取り組み支援を移民の医者に要請。 (ガーディアン)

 

インド

インド政府は、5月3日までロックダウンを延長。モディ首相が国民への演説中に発表した。 (INDIA BLOOMS)

 

マレーシア

マレーシアは、移動管理命令違反者の逮捕を開始。 (Lowyat.net)

 

マリ

政府は、Covid-19患者がセビネコロポリクリニックを利用できるようにした。 (Africain.info)

 

米国

国立衛生研究所は、コロナウイルスの蔓延状況を研究するため10,000人のボランティアを要望。 (サイエンスタイムズ)

 

米国

FDAは、最初の唾液ベースのコロナウイルス検査を承認。 (The Hill)

 

米国

USAFは、「隔離ポッド」編成後初めて、Covid-19陽性患者を航空機で搬送。(Air Force Association)

 

米国

農務省の食品安全検査局は、5つの家禽工場の畜殺ラインを高速稼働できるようにした。 (ブルームバーグ)

 

企業の取り組み

 

Barclays

Barclaysの上層部は、6か月間給与の3分の1の支払いを放棄。 (Banking Tech)

 

BP

BPの上層部は、Covid-19危機のなかで、メンタルヘルスの慈善団体に給与の20%を寄付。 (Upstreamonline.com)

 

eBay

eBayは、ロックダウン中のSME(中小企業)に無料の「オンラインショップウィンドウ」を提供。 (Toyworld Magazine)

 

Google

Googleは、Google Payに「近くのスポット」機能を追加して、ロックダウン中にインドの人々が近くの食糧を見つけられるようにした。 (The Register)

 

Louis Vuitton

Louis Vuittonは、PPEマスクとガウンを製造するためのワークショップを再開。 (Metro.co.uk)

 

Lenovo

Lenovoは、75日間のグローバル保証延長を無料で提供。 (IT-Online)

 

M&S

M&Sは、NHSナイチンゲール病院ロンドンのチームに、数千のNHSブランドTシャツを寄付。 (CWB-Online.co)

 

ピザハット、KFC、マクドナルド

ピザハット、KFC、マクドナルドは、インドの政府病院の医療現場のスタッフに食事を提供。 (Dailyhunt)

 

Rio Tinto Labs

Rio Tinto Labsでは、手指消毒剤を使用。(MiningMonthly)

 

Siemens GamesaとVestas

コロナウイルスの封鎖緩和に伴い、Siemens GamesaとVestasがスペインで再稼働。 (RechargeNews.com)

 

回復の兆候

 

アップル社

アップル社は、中国における製造ラインの再開に伴い出荷を再開。 (Bloomberg)

 

ボーイング社

ボーイング社がシアトル地域の防衛施設の再開。 (Jane’s)

 

グレンコア社

グレンコア社、ケベックでのニッケル、亜鉛鉱山の再開を検討中。 (S&P Global Market Intelligence)

 

エルメス社

エルメス社は、中国の旗艦店の再開後、売上高270万ドルを獲得と報道。 (Singapore Tatler)

 

インディテックス社

インディテックス社がスペインのロックダウン緩和により物流サイトを再開。 (S&P Global Market Intelligence)

 

マレーシア航空

マレーシア航空、今週中にサラワク州サバへのフライトを再開。 (Malaysian Insight)

 

ケベック州のガーデンセンターと造園業者

ケベック州のガーデンセンターと造園業者、4月15日に再開  (Greenhouse Canada)

 

WWE

WWEはフロリダで「生活に必要なサービス」の承認を受け、ライブショーの再開を許可。 (Yahoo!ファイナンス)

 

薬、治療、ワクチン

 

ヒドロキシクロロキンとメトホルミンの併用、致死的な毒性の可能性

ジョンズ・ホプキンス大学、テキサス大学、コーネル大学、ルートヴィヒ癌研究所の研究者らは、まだ査読による認定は受けていないものの、クロロキンまたはヒドロキシクロロキンと抗糖尿病薬メトホルミンの併用による、致死的な毒性の可能性について警告する論文を発表した。研究では、この2つの薬の併用により、マウスの30~40%が死亡したという。この知見は癌研究中に発見されたものだが、COVID-19患者へのヒドロキシクロロキンを用いた治療に影響する可能性がある。

 

中国、2つの実験的ワクチンを人体試験に承認

英国と中国の製薬グループは、新型コロナウイルスのワクチンと治療法の開発において、重要な一歩を踏み出した。

 

中国の新華社によると、中国は今週火曜日、2つの実験用ワクチンの初期人体試験を承認した。また、英国企業AstraZenecaは、治療薬の1つを試験する、グローバルな臨床試験を開始する計画を立てている。

 

Gilead社のCOVID-19におけるレムデシビルの早期試験結果は有望であるも、アナリストは慎重な姿勢を維持

Gilead Sciences社のレムデシビルが、COVID-19の入院患者53人のうち68%の臨床成績を改善したという初期のデータが、アナリストらの注目を集めている。彼らは、この結果は有望と思われる一方、この実験的抗ウイルス薬の新型コロナウイルスに対する有効性については慎重に調査する必要があると指摘している。

 

社会的および経済的影響

 

先進国経済は35%縮小へ

ゴールドマン・サックスが発表した年率換算の数字によると、先進国の経済は今四半期中に35%近く縮小するという。これは、2008年のリーマンショック時の4倍以上の記録である。経済がどれだけ早くこの落ち込みから立ち直ることができるかは、未知数である。

 

フランス経済、2020年に8%縮小へ

ブリュノ・ル・メール財務相は、政府が経済的救済計画に1000億ユーロを投入するため、フランスの財政赤字もGDPの9%に増加すると述べた。

 

英国のヒースロー空港で乗客が90%減少

普段はヨーロッパで最も混雑するヒースロー空港では、4月の旅客数は90%減と予想されており、今月の乗客数は約68万人に留まっているという。また、これらの乗客の大部分は、帰国する英国人、送還される外国人、医療専門家であると予想されている。 

 

TV放送局の広告収入が減少

この先行き不透明な状況が続く中、広告費への投資に消極的な企業が相次いでいるため、テレビ放送業界の広告収入は大幅に減少している。テレビ放送局は高視聴者数を維持している一方、広告収入の不足は依然として企業利益にダメージを与えるだろう。

 

ソフトバンクは167億ドルの損失を予想

世界最大のテクノロジー投資企業であるソフトバンクは、テクノロジー系スタートアップ企業への多額の投資により損失が出ると予想している。ソフトバンクは、15年ぶりの赤字を「市場環境の悪化」が原因だとしている。

 

麻疹再発の可能性

ワクチン接種プログラムの遅れは、新型コロナウイルスの強い感染力が原因で、麻疹の大流行を招く可能性がある。ユニセフは、37カ国で1億1700万人の子どもたちが、期限内に予防接種を受けられない可能性があると発表している。

 

トランプ氏、コロナウイルスのブリーフィングにおける完全な権限を主張

ドナルド・トランプ氏は、彼がアンソニー・ファウチ博士を解雇するつもりであるとの主張を否定した後、パンデミック中のロックダウン規則の決定に関して、トランプ氏自身の「権限は完全である」と述べた。この発言は、州知事が「州を開放する」ことを決定できるのか、それとも連邦政府に従わなければならないのかといった疑問に対して言及した際のものである。

 

地政学的影響

 

ASEANの指導者たちは協力強化を誓う

ASEANプラス3の指導者たちは、COVID-19と戦うために協力する方法を模索しており、韓国のムン・ジェイン大統領は、パンデミックの際の「特別な協力」の必要性を挙げている。

 

英国はEUの機器購入に参加する3つの機会を逃した

英国は当初、PPE(個人用保護具)の調達スキームを見逃していた。原因は調達運営委員会参加の招待状が古いアドレスに送信されたため。欧州の医療関係者は、25か国と8つの企業が関与する共同調達計画の一環として、2週間以内に最初の15億ドル分のPPEを出荷予定。 

 

IMFは大恐慌に匹敵する経済不況を警告

IMFは世界経済見通しのレビューで、グローバル成長は6.3ポイントから-3%に低下すると予測され、「大ロックダウン」は大恐慌以来最悪の不況と指摘した。政策行動が成功し、2020年後半にパンデミックが衰退すると仮定すると、5.8%への成長回復が予測される。

 

IMFが25ヶ国への債務救済を承認

IMFの理事会は、ファンドの最貧国メンバー25ヶ国に対して、大災害抑制・救済基金から5億ドルの債務救済を承認した。 

 

サイバーセキュリティへの影響

 

Fiverrで宣伝されたコロナウイルス詐欺

Fiverrには、祝福と祈りを捧げると主張する「コロナウイルスヒーラー」を宣伝する広告が含まれている。他の売り手はフェイスマスクを中国とベトナムから購入して出荷すると主張。マザーボードはFiverrに問題を警告し、その後商品リストから削除された。

 

APTはさまざまな手法を使用してコロナウイルスをテーマにした攻撃を実行

Malwarebytesの研究者は、コロナウイルスをテーマにしたフィッシングルアーを感染経路として使用する複数のAPTグループの最近の活動を分析した。中国は、世界規模で始まる前に、そのような攻撃の対象となった最初の国。 

 

攻撃者はトランプ大統領からのコロナウイルスに関するメールを使用してマルウェアを拡散

Inkyの研究者は、トランプ大統領から来たかのように見せかけて細工された2つの悪質なメールを特定した。最初のメールでは、ロックダウンの延長とIRSの納税期限の変更が発表された。2つ目のメールには、大統領が「ウイルスの蔓延を遅らせるための画期的な手段」を発表しているという内容で送られた。ロシアの攻撃者から送信されたと報告されている。受信者がメールを開けば、なりすまし政府のサイトにリンクさせ、そこでマルウェアが含まれたドキュメントをダウンロードするように促される。

 

正当なコロナウイルスアプリを装った悪意のあるアプリ

チェックポイントのリサーチャーは、コロナウイルス関連のドメインでホストされているアプリを発見した。16個のアプリのうち3個には、SMSメッセージを盗んだり、キーストロークをログに記録するCerberus Androidバンキング型トロイの木馬が含まれている。他のアプリケーションでは、アプリケーションが使用されているかどうかに関係なく広告を表示するHiddadマルウェアが確認された。

 

COVID-19に関連したHawkEyeマルウェア、医療部門を標的に

アノマリのリサーチャーによると、「COVID-19対策のためJen医師 が医療部門に派遣された」という偽情報をながし、RTFドキュメントを介してHawkEyeマルウェアを配信することを目的としていると考えられている。 

 

フィッシング犯罪者、コロナウイルス発症に関する注意喚起を偽装

PhishLabsのリサーチャーによると、コロナウイルス対策に関するガイドラインと称して添付されたExcelファイルにZeuSバンキング型トロイの木馬のマルウェアを仕込み、不正利用しようとしていることを観測した。

 

国防総省の職員を標的としたスピアフィッシング攻撃の増加

空軍Gen BJ Shwedo少尉によると、サイバー犯罪者による国防総省職員をターゲットにしたCOVID-19に関連するスピアフィッシング攻撃が大幅に増加している。攻撃のソースやターゲットの詳細は提供されていない。 

 

インドの銀行、割賦支払いに関する一時猶予を悪用する詐欺・不正利用について警告

コロナウイルスのロックダウン中、住宅ローンとクレジットカードの割賦支払いの一時猶予が可能になったという発表を受け、犯罪者がこの情報を悪用し、機密データを入手しようと画策している。

 

 

 


本レポートの情報源について

本レポートは、OSINT特化型インテリジェンス(情報)収集・分析ツール「Silobreaker」が収集したオープンソースの情報を元に作成しています。レポート内のリンクに関しては、翻訳元の記事をご参考ください。

翻訳元:Silobreaker Societal & Economic Impact

https://www.silobreaker.com/covid-19-threat-digest-21-april-2020/

 


Silobreakerについて

Silobreakerは、日々ウェブに更新されていく大量の情報を読み解くことを求められる意思決定者やインテリジェンスの専門家を支援する強力なツールです。
企業、業界、脅威、情報漏洩、攻撃者、脆弱性、地政学的動向等、いまウェブ上で語られているあらゆる事故や事象などのトピックをSilobreakerは可視化します。
可視化により、必要な情報を即座に発見し分析することが出来るようになるため、文脈上の関連性の検証や解釈が省力化され、意志決定速度や生産性を向上させることができます。

 

CONTACT

お問い合わせ

サイバーインテリジェンスに関する詳細等、
お気軽に お問い合わせください。