2020.10.15

サイバーアラート – 2020年10月14日

cyber-alert

サイバーアラートについて

Silobreakerのデイリーサイバーアラートは、受賞歴のあるインテリジェンス製品であるSilobreaker Onlineを使用して自動的に作成および配布されます。

 

マルウェア・脅威アクタートレンド

表の見方(訳者注)

「Name」:マルウェアおよび脅威アクターの名称

「Heat 1」:過去24時間のニュースにおける注目度(*)を4段階で示します。

「Heat 7」:過去1週間のニュースにおける注目度(*)を4段階で示します。

*過去30日間の平均と比較して高ければ赤が増え、低ければ青が増えます。

「Vol 1」:過去24時間に出された記事の中で、言及された回数を示します。

「Vol 7」:過去1週間に出された記事の中で、言及された回数を示します。

 

データ侵害

 

Oswego Health:一部の患者データが公開される可能性

Office of Inadequate Security – Oct 14 2020 00:11

 

マーケティング会社Friendemic、270万件の顧客記録を公開

Seclists.org – Data Loss – Oct 13 2020 15:05

 

Metasploitシェルコードが、公開されたDockerAPIを攻撃

rik_ferguson – Twitter – Oct 13 2020 14:08

Securityblog – Twitter – Oct 13 2020 18:19

 

ハッカー集団

 

米国とアジアを狙う「Palmerworm」APTグループ

Red Sky Alliance – X-Industry – RSS – Oct 13 2020 14:36

 

イランのAPT「Silent Librarian」が南洋理工大学を攻撃

peterkruse – Twitter – Oct 13 2020 07:03

イランのAPT「Silent Librarian」(別名「Cobalt Dickens」または「TA407」)がシンガポールの南洋理工大学を攻撃している。

 

「TA551(Shathak)」のWordドキュメントが、引き続き「IcedID(Bokbot)」を配信

TSecurity.de – Oct 14 2020 02:41

 

APTグループが、米国の選挙システムに関連する州のネットワークを標的に:CISAとFBI

Security Bloggers Network – Oct 13 2020 15:25

 

マルウェア

 

ドイツのテック大手、SoftwareAGに「Clop」ランサムウェア攻撃

Seclists.org – Data Loss – Oct 13 2020 15:05

 

サイバーセキュリティ企業が「Trickbot」ランサムウェアボットネットを破壊

HackRead – Oct 13 2020 20:52

マイクロソフトは、他のサイバーセキュリティ企業やテック企業の協力のもと、最も高度で悪名高いマルウェアボットネットの1つである「Trickbot」を破壊した。

 

マイクロソフトが商標法を利用して「Trickbot」ボットネットを破壊

VK_Intel – Twitter – Oct 13 2020 17:38

gh0std4ncer – Twitter – Oct 14 2020 04:03

マイクロソフトは、マルウェア・アズ・ア・サービスのボットネット「Trickbot」を混乱させるため、法に基づいた協調的な攻撃を秘密裏に実行した。同社によると「『Trickbot』のオペレーターが、新たな感染や、コンピュータシステムにドロップ済みのランサムウェアのアクティベートができないよう、キーインフラストラクチャを遮断した」という。

 

脆弱性

 

CVE-2020-17406

CVEnew – Twitter – Oct 13 2020 18:45

この脆弱性により、v1.2.0-r1112より前の「MicrohardBullet-LTE」の、影響を受けるインストールにおいて、リモートの攻撃者が任意のコードを実行できる。

 

CVE-2020-17407

CVEnew – Twitter – Oct 13 2020 18:45

この脆弱性により、v1.2.0-r1112より前の「MicrohardBullet-LTE」の、影響を受けるインストールにおいて、リモートの攻撃者が任意のコードを実行できる。

 

マイクロソフト「Patch Tuesday」で87の欠陥を修正、うち11が「緊急」

SC Magazine US – Oct 13 2020 21:44

TenableのスタッフリサーチエンジニアであるSatnam Narang氏によると、マイクロソフトが公開した脆弱性の中で最も重要なのは、「CVE-2020-16898」(Windows TCP/IPスタックに存在するリモートコード実行の脆弱性)だという。

 

CVE-2020-17410

CVEnew – Twitter – Oct 13 2020 18:45

この脆弱性により、「Foxit PhantomPDF10.0.0.35798」の、影響を受けるインストールにおいて、リモートの攻撃者が任意のコードを実行できる可能性がある。

 

進行中のキャンペーン

 

BECサイバー犯罪者の25%が米国拠点

InfoSecHotSpot – Twitter – Oct 13 2020 23:28

Dark Reading: – Oct 13 2020 18:10

米国はBEC攻撃の主要な標的として知られているため、研究者たちはこの結果に驚かされた。

 

「Fonix」ランサムウェア:Windowsベースのシステムのユーザーを標的に

Cyware – Oct 13 2020 18:36

「Fonix」は、複数のアンダーグラウンドサイバー犯罪者フォーラムで提供されている新しいRaaS(ランサムウェア・アズ・ア・サービス)だ。最近、このランサムウェアが活発に拡大し、Windowsベースのシステムのユーザーを標的にしていることが確認されている。

 

「Ryuk」ランサムウェア関連の攻撃、標的へのEメール送信から暗号化まで29時間

EduardKovacs – Twitter – 2020年10月13日07:40

「Ryuk」ランサムウェア関連の攻撃では、標的にEメール送信されてから、全ての環境を侵害し、システムを暗号化するまで29時間を要した。

 

 


ここに掲載されている内容は、信頼できる情報源に基づいて作成されていますが、その正確性、完全性、網羅性、品質を保証するものではなく、Silobreakerはそのような内容について一切の責任を負いません。読者の皆様におかれましては、ここに掲載されている内容をどのように評価するかは、ご自身で判断していただく必要があります。


本レポートの情報源について

本レポートは、OSINT特化型インテリジェンス(情報)収集・分析ツール「Silobreaker」が収集したオープンソースの情報を元に作成しています。レポート内のリンクに関しては、翻訳元の記事をご参考ください。

翻訳元 : Cyber Alert –14 October 2020

https://www.silobreaker.com/silobreaker-cyber-alert-14-october-2020/


SILOBREAKERについて

Silobreakerは、日々ウェブに更新されていく大量の情報を読み解くことを求められる意思決定者やインテリジェンスの専門家を支援する強力なツールです。
企業、業界、脅威、情報漏洩、攻撃者、脆弱性、地政学的動向等、いまウェブ上で語られているあらゆる事故や事象などのトピックをSilobreakerは可視化します。
可視化により、必要な情報を即座に発見し分析することが出来るようになるため、文脈上の関連性の検証や解釈が省力化され、意志決定速度や生産性を向上させることができます。

 

CONTACT

お問い合わせ

サイバーインテリジェンスに関する詳細等、
お気軽に お問い合わせください。