2020.04.22

新型コロナウイルス 2020年4月21日 世界情勢ダイジェスト

COVID-19

 

政府の取り組み

 

アルゼンチン

アルゼンチン政府、企業への支援を開始(EFE)

 

デンマーク

デンマーク、 会合や集まりに対しての制限を強化(Bloomberg)

デンマーク、コロナウイルスの症状がある全員を検査  (Financial Times )

 

フランス

フランス、シェンゲン圏外のすべてのフライトを停止–(NationalPost.com)(RTL)

 

ドイツ

ドイツ、オクトーバーフェストをキャンセル  (Deutsche Welle)

 

香港

香港政府は市の規制をさらに2週間延長。バー、パブ、その他のビジネスを5月7日まで閉鎖に  (South China Morning Post )

 

インドネシア

インドネシア、ラマダン期間中の出国を禁止  (Channel NewsAsia)

 

パナマ

パナマ政府、国際線の運休を30日間延長  (En Segundos Panama)

 

シンガポール

シンガポール、部分的封鎖を4週間延長  (IBTimes)

 

トルコ

トルコ、主要都市で4日間のロックダウンを要請  (ニューアラブ)

 

アラブ

アラブ首長国連邦、政府の建物を医療施設へ  (アブダビ国立)

 

英国

英国政府が「Future Fund」を発表。コロナウイルスの影響を受けたスタートアップに2億5000万ポンドの資金を提供  (TechCrunch)

 

米国

米国-ヨーロッパ-FDA、EMAおよび16の製薬会社が開発に参加  (Pharmacist.com)

米国–ペンタゴン、3M、Honeywell、Owens、MinorへN95マスクの製造を指示  (ブルームバーグ)

米国– CDC、FHIRベースのCOVID-19 EHRレポートアプリケーションを開発中 (EHRIntelligience.com)

米国– NIAID霊長類研究所、レムデシビル(薬剤)の研究を支援  (Federal Labs)

米国- イエメンへの援助を準備  (Today Online)

米国–トランプ氏は、米国への移民を一時的に停止する命令に署名することを検討  (ワシントンポスト)

 

WHO

WHOの最新の状況レポート  (WHO)

 

企業の取り組み

 

Admiral

Admiral、走行距離が短い顧客に25ポンドの保険金払い戻しを実施  (Admiral)

 

Apple

Apple、フェイスシールドの作り方を解説  (アップル)

Apple、フランス政府が、追跡アプリのバックグラウンドでのBluetooth利用許可を要求  (RTL Nieuws)

 

Amazon

Amazon、扱いに不満を持つ従業員が離職(The Hill) 

 

BCP and Santander

BCP and Santander、ポルトガル支店でお客様にマスク着用を要求  (ECO –エコノミアオンライン)

 

BHP

BHP、チリの銅鉱山の拡張を延期  (Expansion.com)

 

Couche-Tard

Couche-Tard、Caltexへの56億ドルの入札を保留  (CTV News)

 

ダノン

ダノン、売上増でも2020年目標を撤回  (ゾーンブール)

 

Facebook

Facebook、アンチロックダウン抗議イベントを削除  (Telegraph)

 

フェラーリ

フェラーリ、コロナウイルス検査を展開しスタッフの業務再開を準備  (ロイター:ビジネスニュース)

 

Gazprom Neft

Gazprom Neft、消毒液の製造を開始  (Gazeta.ru)

 

Grifols

Grifols、63%の収益増加を報告、2020年5月までにテストキットの準備完了を予想  (Expansion.com)

 

IKEA

IKEA、スウェーデン・ミートボールのレシピを公開  (FOXNews.com)

 

マクドナルドジャパン

マクドナルドジャパン、日本全国1,900か所以上で店内飲食を禁止  (Japan Today)

 

マリオット

マリオット、ほとんどのマリオットホテルは存続するとCEOが明言  (ブルームバーグ)

 

日産

日産、グローバル本社と日本国内の施設を閉鎖  (ジャカルタポスト)

 

フィリップモリスイタリア

フィリップモリスイタリア、従業員とサプライチェーン向けのCovid対策を開始  (MSNイタリア)

 

フィリップス

フィリップス、世界の集中治療病床数が2倍になると予測  (FT.com – Health)

 

Primark

Primark、コロナウイルスが管理下に収まるまで店舗再開せず、68,000人の従業員を一時解雇  (Liverpool Echo)

 

楽天

楽天、コロナウイルス検査キットを都内の企業に販売開始(ジャパンタイムズ

 

シャープ

シャープ、フェイスマスクの購入要求でウェブサイトがクラッシュ  (Channel NewsAsia)

 

セプラとGEG

セプラとGEG、ベルガモ緊急病院に重要な通信環境を提供  (Telecompaper)

 

Taylor Wimpey

Taylor Wimpey、CEOが3DプリンターでPPEを作成(London Evening Standard)  

 

Telenor Pakistan

Telenor Pakistan、5,000万ルピーを救済基金に寄付  (Telecompaper)

 

Tryg

Tryg、保険会社Trygは夏休みキャンセルによる旅行保険請求の波を予想  (ロイター)

 

UPS

UPS、医療とeコマースからの需要増加 (ブルームバーグ)

 

ユニセフとマイクロソフト

ユニセフとマイクロソフト、グローバルな学習プラットフォームを発表  (Telecompaper)

 

ヴァージンオーストラリア

ヴァージンオーストラリア、政府管理下に  (HeraldSun.com.au Top News)

 

フォルクスワーゲンSA

フォルクスワーゲンSA、マスクおよび医療機器を生産(IOL) 

 

ウォルマート

ウォルマート、従業員150万人がフェイスマスク着用  (CBSニュース)

 

ウェルズ・ファーゴ、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ

ウェルズ・ファーゴ、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ、中小企業の経営者がPPPローンを提訴  (Politico)

 

回復の兆候?

 

オーストラリア

オーストラリア、待機手術を再開 (ABC)

 

バリ島

バリ島が営業再開:ホリデーアイランドは5月に観光客を招待する予定  (Mail Online UK)

 

カナダ、オンタリオ州

カナダ、オンタリオ州は、モデリングデータの感染者数がピークに達したため、再開計画に取り組み始めた  (CTVニュース)

 

カナダ下院

カナダ下院、通常の会議を再開  (ニュース1130)

 

中国

中国、低リスク地域での通常の医療サービスの再開を加速  (新華社通信)

 

ヨーロッパ

ヨーロッパ、ウイルスの抑制を緩和するための措置を講じているため、イタリアは再開を誓う  (ブルームバーグ)

 

フィリピン

フィリピン政府、オフショアゲームオペレーターの運用再開を提案  (Straits Times)

 

韓国

ウイルスの抑制により韓国野球が復活  (The Straits Times All News)

 

スペイン

スペイン ルノー、パレンシアとカロセリアで来週生産を再開(ABC.es)

 

英国

英国、元法官は経済の再開を要求  (Politico.eu)

英国、ボンバルディアは、5月4日にベルファストでの生産を再開  (アイルランドニュース)

 

米国

米国、コロンバスジャンクションにあるタイソンフード工場が一部再開  (WHO NewsRadio 1040)

米国、ジョージア州、テネシー州、サウスカロライナ州、一部の事業を再開し、コロナウイルス在宅注文を削減する計画を発表  (Fox News)

米国、サンディエゴ、近隣の公園を再開  (UTサンディエゴ最新)

 

Volvo Cars

Volvo CarsがスウェーデンにTorslandaの製造工場とオフィスを再開  (Post Online Media)

 

薬、治療、ワクチン

 

DBT(インドのバイオテクノロジー省)はCOVID-19ワクチンを開発するための3社への資金提供を承認

インドのバイオテクノロジー省は、COVID-19のワクチン開発のための中央調整機関に指定されている。同省は、COVID-19ワクチンの開発に資金を提供する3つの企業に加え、診断、治療、およびその他の介入のために受け取った13の提案を選んだ。

 

糞便カルプロテクチンはCOVID-19における腸の炎症のサイン

下痢、吐き気、嘔吐などのGI症状は、新型コロナウイルス(COVID-19)の症状であり、患者の最大28%に影響を与える。

 

数百人の米国コロナウイルス患者を含めるためのヒドロキシクロロキン試験

スイスに本拠を置く製薬会社ノバルティスは、米国のCOVID -19入院患者を対象に、抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンの臨床試験を実施するとしている。 

 

ロシアのワクチン臨床試験は6月1日から開始

疫学・微生物学研究センター長の発表によると、現在の状況により日付が変更になる場合がある。

 

社会的および経済的影響

 

ジャイール・ボルソナロ大統領、アンチロックダウンデモへの参加を擁護

ブラジルのボルソナロ大統領は、彼の一部の支持者が起こした、彼が政権を握ったままの状態で軍事介入を求めるデモ活動への参加を擁護した。ボルソナロ大統領は、介入を奨励したわけではなく、単に封鎖に反対しただけだと述べている。

 

英国政府、COVID-19対応への批判記事に反論

政府のアドバイザーは、パンデミックに対する英国の対応を批判したサンデー・タイム紙やフィナンシャル・タイムズ紙の記事に対して、一行ごとに長い反論を書いている。

 

Facebookが一部の米国の州の反外出禁止ページを閉鎖

カリフォルニア州、ニュージャージー州、ネブラスカ州では、抗議者が同サイトを利用して外出禁止令に反対する集会を開催することができなくなっている。Facebookの広報担当者は、政府によって設定された確立された健康パラメータに従っていない集会についての投稿、「つまり違法である」投稿を削除したと述べた。

 

ミラノは、パンデミック対応戦略​​で歩行者天国に

ミラノ市は、35 kmの道路を歩行者・自転車専用に再編成することを決めた。ロックダウン以降、大気汚染と交通渋滞が30〜75%減少した。市当局は、市民が仕事に戻り始めるにあたり、自動車やバイク等への依存度が軽減されることを望んでいる。

 

ニューメキシコの病院は1月と2月初旬にPPEを廃棄

現在医療用品の不足を経験しているニューメキシコ州の2つの病院では、マスク、ガウン、手指消毒器などを今年の初めに廃棄していたことが分かった。医療業界に大きな影響力を持つ非営利団体である合同委員会から、安全性の検査を受けることになったのが理由である。有効期限が切れている、または間もなく有効期限が切れる消耗品は、実際に安全に使用できる場合でも、委員会からのマイナスのスコアの原因となる。

 

ジンバブエは、マラリアの復活に苦しんでいる可能性

COVID-19の影響で既に緊張状態にあるジンバブエの一部の州では、マラリアの発生があったと言われている。過去1週間で、18,690例が国中で報告されている。国の検査能力が低いことを考えると、同様の症状からCOVID-19がマラリアと誤診される可能性があるとの見方もある。

 

台湾、早期行動により経済ダメージ緩和に成功か

アナリストによると、台湾はロックダウンを回避し、早期に発生を食い止めたことで、多くの国が被った経済的ダメージを回避できたのではないかと指摘されている。SARSの発生から学んだ厳格な検疫措置、健康監視、感染追跡は、台湾の国内経済を維持することに貢献している。

 

地政学的影響

 

「ロックダウンの解除は段階的であるべき」とWHO

WHOは、規制緩和が早すぎると感染の再発につながる可能性があると警告している。WHOの西太平洋地域担当ディレクターである葛西健氏によると、ロックダウンはCOVID-19の拡大を抑制するのに効果的であり、それらを解除する方策は段階的に行われるべきである。

 

COVID-19によりサハラ以南のアフリカで貧困拡大

世界銀行は、パンデミックにより4900万人近くが極度の貧困状態に陥り、現在の予測に基づいて、1998年のアジア金融危機以降、世界の貧困が初めて増加する可能性があると主張した。サハラ以南のアフリカは、他の地域よりもCOVID-19の影響を受けにくいにもかかわらず、貧困の増加という点でパンデミックの影響が最も大きいと予測されている。

 

スペイン政府は1.5兆ユーロのEU基金を提案

木曜日に提案される復興基金は、パンデミックの影響を最も受けている国々を支援するもので、永久債によって支えられる。EU諸国はこれまで、復興財政をめぐって対立しており、北部のより裕福な国々が共同債務の発行に反対し、南部の国々が危機コストの相互化を提案している。

 

メリーランド州が韓国からテストキットを購入

トランプ政権が州が自力で対処する必要があることを「明らかにした」と述べたラリー・ホーガン同州知事によると、州は韓国から50万個のテストキットを購入した。

 

サイバーセキュリティへの影響

 

恐喝詐欺の報告はコロナウイルスのパンデミック中に増加

米国インターネット犯罪苦情センター(IC3)によると、外出制限中の現在、オンライン上での被害報告が増加している。ターゲットは通常、見知らぬアドレスから、「パートナー・恋人にだまされている」、または「相手がアダルトサイトにアクセスしている」などのメールが送り付けられる。メールには、漏洩されたデータに古いパスワードが含まれていることが多く、被害者は、スパイウェアを介して記録されたと述べている。

 

偽のHMRC COVID-19救済パッケージの電子メールターゲットユーザー

このメールは、ユーザーが「新型コロナウイルス雇用維持スキーム」を通じて申し立てを行う資格があると主張し、COVID-19救済パッケージを受け取るために銀行の詳細を提供するようユーザーに指示。 

 

コロナウイルスをテーマにしたWinlockerは、被害者がマシンにアクセスするのを防ぐ

新たな亜種は、2019年のマルウェアの修正バージョンである。コロナウイルスの画像を含むロック画面を表示し、Windowsの音声機能を使用して「コロナウイルス」と繰り返し発声し、システムアクセスを回復するためのパスワードを要求する。

 

National Cyber​​ Security Centerが新たなキャンペーンを開始し、コロナウイルスをテーマにした詐欺と戦う

英国、国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)は先月、新型コロナウイルスに関連する2,000以上のオンライン詐欺を停止したことを明らかにした。これには、832の高額詐欺、555のマルウェア拡散サイト、471のショップが詐欺的なコロナウイルスをテーマにした商品を販売し、200のフィッシングサイトが含まれている。

 

COVID-19関連のマルウェアスパム

Crowdstrikeは、コロナウイルス関連のテーマを利用した、コロンビア保健省や米国疾病対策センターなどの政府機関になりすましているものも含む、さまざまなマルウェアスパム活動を確認している。 

 

COVID-19トラッキングアプリによる個人情報漏洩 

Covid19 Alertと呼ばれるオランダ政府から提供されたアプリのソースコードが誤ってオンラインで漏洩した。ソースコードには別のアプリケーションからの200人にわたる個人情報が含まれていた。これには、氏名、電子メールアドレス、およびハッシュされたユーザーパスワードが含まれている。

 

KrebsOnSecurity、”reopen”がつくドメインの急増を調査

Brian Krebsは、米国の都市や州のロックダウンに反対する”reopen”がつくドメインに関して調査し、一部のドメインがこの活動に対しての発信の場として草の根運動の場として提供されていることを確認した。

 

 

 


本レポートの情報源について

本レポートは、OSINT特化型インテリジェンス(情報)収集・分析ツール「Silobreaker」が収集したオープンソースの情報を元に作成しています。レポート内のリンクに関しては、翻訳元の記事をご参考ください。

翻訳元:Silobreaker Societal & Economic Impact

https://www.silobreaker.com/covid-19-threat-digest-21-april-2020/


Silobreakerについて

Silobreakerは、日々ウェブに更新されていく大量の情報を読み解くことを求められる意思決定者やインテリジェンスの専門家を支援する強力なツールです。
企業、業界、脅威、情報漏洩、攻撃者、脆弱性、地政学的動向等、いまウェブ上で語られているあらゆる事故や事象などのトピックをSilobreakerは可視化します。
可視化により、必要な情報を即座に発見し分析することが出来るようになるため、文脈上の関連性の検証や解釈が省力化され、意志決定速度や生産性を向上させることができます。

 

CONTACT

お問い合わせ

サイバーインテリジェンスに関する詳細等、
お気軽に お問い合わせください。