2024.01.26

株式会社マキナレコード|インタビュー

採用

CEO・軍司 祐介氏
1978年生まれ。プログラマー、エンジニアとしてキャリアをスタート後、転職先の検索エンジンサービスの提供会社にてセキュリティ関連業務を経験。アメリカ発テクノロジーの日本国内向けローカライズ、CSIRT(コンピューター・セキュリティ・インシデント・レスポンス・チーム)という概念の導入等に関わる。その後、デジタルエンターテインメントサービス等を手掛ける会社で3年間、インターネットショッピングモール運営会社で4年間の勤務を経験した後、Web系企業でのCTO職を経て、2016年6月に株式会社マキナレコードを設立。

 

 

目次

◾️ ご自身の経歴について教えてください。

◾️ セキュリティに関し、日本国内の状況をどのように分析していますか?

◾️企業として、今後はどういう部分を目指していくお考えですか?

◾️ ご自身が企業を運営する中で大切にしている思いは何ですか?

◾️ 最後に、転職者に向けたメッセージをお願いします。

 

▽企業紹介記事はこちら▽

https://machinarecord.com/8711

 

ご自身の経歴について教えてください。

社会人としてのスタートはエンジニア職でした。最初の企業で新サービスの立ち上げに伴う開発業務等を経験した後に、インターネット検索エンジンサービスの提供会社に転職。同社ではトラブルの発生を契機にセキュリティ部門の強化を図ることなり、開発業務や技術業務におけるセキュリティへの取り組みを経験しました。そこからこの領域でのキャリアがスタートした形になります。 その際に、アメリカのセキュリティのテクノロジーを日本に持ち込んでローカライズする業務、CSIRT(コンピューター・セキュリティ・インシデント・レスポンス・チーム)という概念の導入という業務を経験し、セキュリティに関する技術的なスキルを身に付けました。その後、デジタルエンターテインメントサービス等を手掛ける会社やインターネットショッピングモール運営会社でガバナンス寄りの業務やセキュリティ与信という業務にも携わりながら、専門性を高めてきました。技術とガバナンスの両面に関する専門性は、それまでのキャリアの中で深く追求してきたという自負がありますね。

 

セキュリティに関し、日本国内の状況をどのように分析していますか?

セキュリティに関しては、概して日本国内の状況は対応が遅れていると感じています。海外と比べると5~6年は遅れていると実感していますが、その理由は「他国と比べ大きなサイバー攻撃が比較的少ない」「当事者感覚が希薄だった」ということだと思っています。また“日本語の壁”という、言語としての日本語の難しさに守られてきたという側面もあると思います。 しかし、ここ数年で日本語の壁の隙を突かれるケースも増えてきていますし、様々な企業がサイバー攻撃の対象になるケースも増えてきています。その状況の中、情報が漏洩して自社の株価が下がる、その影響でIPOができなくなるという事例も起こっているので、少しずつ当事者意識というものに変化が起こってきているではないでしょうか。 今後は、さらに予算をかけて対策を充実させるべきだと思いますし、その取り組みを支援するための情報提供に力を入れていきたいというのが、当社の考えです。

 

企業として、今後はどういう部分を目指していくお考えですか?

会社の方向性としてどうありたいか、ということについては、当社の一つの特徴である「海外のパートナーとの絆が強い」という部分を、より活用していきたいという考えがあります。アメリカ、イギリス、ドバイ、台湾等、小さい企業同士ですが世界中にネットワークを構築しているので、私達しか知らないようなこと、小さいけどすごくカッコいいことをやっているという部分はさらに伸ばしていきたいですね。「今はよく分からないけど、何か面白いことができそう」というサービスやプロダクトを世界中から取り入れ、日本国内で発信していくことには大きな価値にもなると思うので、それは積極的に進めていきたいですね。

 

ご自身が企業を運営する中で大切にしている思いは何ですか?

スタッフ達に対しては、自分の生活を大切にしてほしいと思っています。休みたい時には、ほかのメンバーに迷惑が掛からない範囲であれば休んでいいと思っていますし、スタッフ一人ひとりの主義主張を極力守っていきたいですね。 一方で、社員達には被雇用者として“働かされている”という意識ではなく、自分で何かを伸ばしたいという姿勢で取り組んでほしいと考えています。その姿勢を持つ人であれば積極的にバックアップもできますし、会社と一緒にみんなで成長しようと考える仲間達と、一丸となって努力できる環境をつくりたいと思っています。 やりたいことがあってキラキラしているスタッフは全力で応援したいですし、やる気をつぶすようなことは絶対にしたくないですね。モチベーションの高い人達が楽しく仕事に取り組める。そんな企業でありたいというのが、私の考えです。

 

最後に、転職者に向けたメッセージをお願いします。

当社でお迎えしたいのは、セキュリティの重要性を理解し、日本の社会をより安全にするために必要なことを考える、そしてその必要なことを当社の価値として加えてみたいと思える人材です。小さい企業ながらも、当社はセキュリティ業界での認知度も高いですし、また代表である私もスペシャリストとして評価をいただいています。だからこそ、ご自身のアイデアを形にできれば、世の中に発信するチャンスは大きいのではないかと、私は思っています。 私達が手掛けているのは、社会に大きな影響を与える重要な仕事です。その仕事に楽しく取り組み、社会からの尊敬を得ながら業務を遂行できるのが当社の仕事の特徴だと思っています。企業規模はまだまだ小さいですが、官公庁等からのご依頼も多く、やりがいのある仕事を担当できる環境がここにはあります。ダイナミックなチャレンジを続けている当社に、是非来ていただきたいですね。

 

https://www.green-japan.com/company/8213/interview

公開中の求人情報

 

CONTACT

お問い合わせ

サイバーインテリジェンスに関する詳細等、
お気軽に お問い合わせください。